2017年02月27日

イヤなら見るな!でお馴染みフジテレビ、もがけばもがくだけ沈む湿地帯にいるフジテレビはどこへいくのだろうか。

ってか。
早く底なし沼に沈んで
消えてしまえwww

消えてチョン臭をすべて消し去って
ほんとうの日本のテレビになるなら
再生の道もあるかもね。

しっかしここまで腐ったマスゴミは
もう焦土と化さないと無理っぽ。

以下転載
フジテレビHPに少し笑った
2017/02/27 15:03 http://www.nikaidou.com/

http://www.fujitv.co.jp/company/message.html

事業会社のフジテレビジョン
(ホールディングスじゃない事業会社)の社長って
亀山がいまやってるのか。全く知らなかった。

上記リンクはその亀山社長の挨拶なんだが、
「私は、
「フジテレビ」と名付けた先輩たちの思いを誇らしく思います。」とある。
みて爆笑してしまった。なんでって、その時代の人、
鹿内家をはじめにしてみんな
日枝(会長、HD会長。通称フジテレビの天皇)が追い出しちゃったじゃない。
あ、これは突っ込んだらダメなところか(笑)。
もしかしたら遠回しの批判か!なんてね。
書き換えといた方がいいよきっと。あるいは
「社内になんで鹿島建設の部屋があるのか」とか付け加えてみるとか(笑)。

鹿内家は、美術館とかも含めてもう何ももってないでしょう。
ところで鹿内家当代の
隆一郎(漢字合ってるかな?)さんはどこにいるのかねぇ。
シンガポールにいると聞いた事はあるが。

フジテレビの視聴率惨敗は、
もはや斜陽産業と化した新聞とテレビの中でもひときわ目立つ。
放送のデジタル化に伴い、テレビ番組欄で
テレビ東京よりも右端の「8」になったから落ちたんだとしたら、
みんな何も考えてないって事になるんだけど
そうそう簡単な話ではないだろう。

制約が異常に多く、制作側は大変だろう。
視聴率が下がればスポンサーも離れるし制作費も下がる、の
悪のスパイラルに陥っているよね。
安定した「人間の興味」というところを探して
番組制作をしないとダメなんだけど、
現場にも役員にもなんの余裕もないんだろうね。だから、
ジャニーズとお笑いとその他、みたいな番組しか出てこない。

もがけばもがくだけ沈む湿地帯にいるフジテレビはどこへいくのだろうか。

結局解決策は
「スポンサーだからといっていちいち頭は下げません」というしかないし、
それでこそ面白いフジテレビに戻るんだけど、
それをする勇気のある奴はいないし、そもそもそんな事、
日枝天皇が許すわけがない。しょうがないね。

いやぁ、俺たちひょうきん族とか、おもしろかったね。
オールナイトフジとかさ。いまは、
なんの番組をやっているのかも知らないし、タレントもよく知らないけど。
だって面白くないんだもの。作り手の意図がすぐわかるし。
いい意味でどんどん全員を裏切っていかないと、
沈むだけだと思うんだけど、タブーに切り込むことはできない、か・・・。

テレビってフリーペーパーと一緒で、
「カネもらってコンテンツ作って無料で配る」って話なんだよね。
しかも、金が膨大にかかるフリーメディア。
新聞なんかはネットでも一部有料にしているけれども、
地上波は無理。いや、いつか、
金を取らないとダメな時代になるのかもしれないね。

・人を集めるにはどうするか
ここだけみんなで真剣に考えれば、浮上はある。
見てもらえばいいんだから。俺はこのサイトを作るときに最初
「マスコミがみれば広まる」と思ったから、
マスコミがみて面白いという話題をガンガンやっていった。
それから15年。時代が変わったのでこっちもやり方を多少変えたが、
基本的に、人を集めるにはどうするかというのを考えている。

どうしても大手は最大公約数を取るしかないんだろうが、
基本を忘れちゃ、ダメだよ。
もう、演出という名の嘘は通じないんだから。


posted by まゆ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 売国奴たちの正体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック