2017年02月12日

賄賂が足りない?アステラスのクスリを厚労省嫌がらせの件

やっぱり、医師・製薬の世界はこわいわー
実際に聞いていた以上に
いろいろこわい話があるんだねぇ。

病気になったら医者と薬に殺されそうwww

そりゃ、新薬を開発したり臨床したり
いろいろ時間とお金がかかるのはわかるけど
命に係わることだから
役人の遺恨で差し止めとかあかんやろ。事実なら。

まあ、そんなことしている穴の穴の小さい男は
ええ死に方しないよwww
因果応報。人を呪わば穴二つ。

以下転載
http://www.nikaidou.com/
アステラスは賄賂が足らんのか?(笑)
2017/02/11 15:38

新薬を出しても、厚生労働省が
嫌がらせのような命令だして、使わせないようにしてるん。
不思議と、アステラス製薬の製品だけ。
こりゃ、裏になんかあるな。

薬の名前は、レパーサと、ミカトリオ。
どちらも、一見薬価が上がり、
医療費の負担が上がりそうですが、
レパーサは使用回数が少ないから安くすみ、
ミカトリオも、同じ成分をバラバラに揃えるより安くなるらしい。

困ってる人や会社があるのなら、ロビイングしますよ。
うちのロビイングは超強烈な手法を手を替え品を替え、
なんでもありだから、
依頼者が大手であればあるほど効果抜群。。。(笑)


アステラスのクスリを厚労省嫌がらせの件
2017/02/11 17:23
↓↓二つ前の更新の件で、
早速現場の医師の方から連絡がありました。

<Jさんより>二階堂さま、お元気でしょうか?
よくぞミカトリオの件を記事に書いてくださいました!

ただの、実績十分な薬を合わせただけのミカトリオに、
厚生労働省課長通達とか言って、
使わせない意図ミエミエですもん!
医者にしてみれば、
超面倒くさいから、処方するのに腰引けますよ。
あれ、絶対課長がアステラスに恨みあるか何かですよ!
しかも、すっごくくだらない恨みと考えられます。
小学生レベルくらいの!

是非追求してくださいませ。面白そうですから(笑)。

あと、ベーリンガーのラインも、
もしかしたらあるかもしれません!併売だったはずですから。

もしくは、審査委員会で審査委員から、
配合の意義不明とかイチャモン出てますので、
審査委員が他社に食われてるかですね!

(コメント)アステラスは天下りがいないという話を聞きました。
あと、厚労省担当の役員がダメだという話も。
ベーリンガーインゲルハイムの他の薬は、あそこまでされていません。
アステラス、嫌われてますね完璧に。
医薬品審議は、超タブーらしいですね!
なにせタクシー券どころじゃないものが舞う世界。
特捜部も触りはしませんね。
永田町の影響力を受けない週刊誌がやるしかないのでしょうかね。

posted by まゆ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 売国奴たちの正体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック