2016年12月21日

不法滞在は「犯罪」です!カルデロンのり子騒動を繰り返すな!!

不法滞在は犯罪です!!!

可哀想というのは
犯罪者を擁護することですよ、
わかって言ってる?

犯罪者を擁護する者は
犯罪者予備軍って思っていい?

そんな予備軍とは
絶対、友達にも
知り合いにもなりたくないわ!

以下転載
日本は法治国家ではなかったのか?不法滞在という犯罪を免れようという論調に疑問。
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12230256844.html

日本で生まれ育ったタイ人高校生の未来は、強制退去なのか。司法への問いかけは続く
http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/16/utinan-to-supreme-court_n_13670708.html

日本は法治国家ではなかったのか?
不法滞在という犯罪を免れようという論調に疑問。
というタイトルそのまんまなんだけど、
カルデロンのり子騒動のときも、
犯罪からはじまったが子供は関係ない。
かわいそうだから許してやれという人たちが大騒ぎしていた。
こういう時は大阪府警のこのポスターがいいんだよね。
o0500071213729760879.jpg

日本は法治国家であり、不法滞在は犯罪だ。

可哀想に見えるなら
どんな犯罪でも罪に問われないとする無法地帯ではない。

だから法に違反すればその罰則をうけるし、
強制退去は当たり前で、
それを粛々と行わなければ法治国家ではない。

法治というのは法によって治められる訳で、
感情でどうこうの話じゃありません。
日本語でこういう場合、
「悪いけど日本は法治国家だから」という書き方をしますが、
正直「悪い」とは思っていません。
冷たいとかそういう事を言う方がおかしいのです。

「子供には罪がない」
「子供のやったことだから」
「子供だからゆるしてやれ」
そういう事を言う方も居ますが、だから違法行為として
罰金を取ったり刑務所に入れたりしてないでしょ?、
違法行為を辞めさせようとしてるだけです。
違法行為はしては駄目ってのは絶対譲れない部分なのです。

裁判を長引かせても
勝ち目が無い事は最初からわかっている事で、
司法システムを利用した時間稼ぎでしかありません。
それが最初から解っていますが、
法律で決まっているので、裁判を起こすことを拒否していませんし、
時間稼ぎをする事も許しています。
そしてその間日本の学校制度を利用して学業まで出来た訳です。
ただ時間稼ぎはあくまでも時間稼ぎ。終われば終わります。

自分で時間稼ぎをしておいて、
その間に勝手に期待して
裏切られたというのはそもそもおかしい話です。

人権派弁護士とかいう、
司法システムを利用して稼いでいる方に
何を言われたかは知りませんが、
彼らもまたビジネスでやっている事で、
そういった法律からお金を得る方法に長けた方は
絶対に口にしませんが、最初から結果は出ている話です。

--------------
まあ、そういうことです。

で、可哀想という話ですが、
子供には罪はない子供がかわいそうだという人たちは、
その後募金活動でもして
この子供のためにお金をおくったらどうでしょうか?

それで可哀想な子供を見捨てなかった優しい私たちになれます。

ちなみに可哀想だ旋風を巻き起こしたカルデロンのり子さんは、
とても裕福な生活を送って幸せになっているようですよ。
かわいそうだと思う人は
個人的にお金をあつめてその子を幸せにしてあげてください。

--------------

【参考にどぞ】

両親とも不法滞在者のカルデロンのり子事件は、どうなったのですか?
カルデロンのり子はフィリピンに強制送還されたのでしょうか。
      ↓

答え
「のりこ基金」でカルデロン一家は大金持ちになった。
カルデロンのり子の両親は
フィリピンで仕事もする必要もなく優雅な生活。
http://blog.goo.ne.jp/izumibashilaw/e/b5b009d2f7c45e2c957a4e669e8ecfcd

これが子供は罪はない可哀想という人たちも満足する答えです。
違法行為は正す。
かわいそうだと思うなら、
その人たちが募金して
カルデロンのり子ファミリーのように裕福な生活をさせてやる。
これでクリアです。
----------

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445147560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック