2016年11月17日

北方領土返還とトランプ安倍会談

今度こそ…
北方領土返ってくるかと思ったのに…

上手いこといかんなーーーー

まあ、それが国際政治、外交やねんけど。。
戦争で卑怯にかすめ取られた領土!
戦争で盗られた領土は
戦争でしか取り返せないのかな。。。

ああ、、、ムカつく

でも影武者ヒラリーが大統領なるより
マシかな・・・

以下転載
露の領土交渉キーマン拘束、菅義偉官房長官「日露関係を発展させる考え変わらない」

アメリカの経済制裁、マジやべえ。
オイルも儲からなくなってるし、日本と仲良くしておくか。」

日本「おう。いいよ。ただし、北方領土の話を進めような。」

⇒トランプ大統領誕生

トランプ「ロシアの制裁解除するかも。」

ロシア「マジっすか!?仲良くやりましょうや。」

日本「ちょ、待てよ!北方領土返してくれるって話は?」

ロシア「はぁ?そんなもん知るか!何を勝手に思い込んでんの?馬鹿じゃね?」

ってなことになりかねない。(´・ω・`)

この件があるので、
安倍さんは17日にトランプさんとの調整に飛んだんじゃないかな。


トランプ、安倍会談の別の見方
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12220227899.html

昨日、突然の北方領土返還のキーマン逮捕となったのですが、
この後どうなるかがなかなか複雑だったんで、
うちの軍事顧問雪だるま氏のご意見をはっときます



んー、素早く動くべき話と
じっくり考えて行動すべき話があって、
その両方に関連してる件なんで、
どっちに転んでも良いように、
そうなった事を想定して先に動いておく…
って感じじゃないかなぁと思う。
「トランプは親露」的に言われてたり、
「男気あふれるヤツが好き」っていう面は確かにあるけど、
そう単純な話じゃなくて、
米の対露で考えた時に、
現在(というかオバマ政権がやった)のウクライナ情勢の点と、
対ISに関連する点の2正面作戦状態が
いろんな事を脳梗塞状態に陥らせているんで、
ウクライナ関連でロシアと手打ちして、
対ISに力を向ける…という方向性じゃないかな…とは思うんだよね。
なので、無条件で親露っていう感じじゃ無くて
あくまでもビジネスライクな話に思えるんで、
逆に見極めが難しいとは思う。
現在ロシアの首を締めてるのは経済制裁自体も確かにあるけど、
エネルギー価格の暴落だと思うのよね
(まぁそれでアベノミクスは生きながらえてる訳だけど)、
米を始めとしたEUやらの経済制裁をやめても
根本的なそちらの話が変わらないと露としてあまりよろしく無い。
まぁトランプが対ISでひと暴れするから結果として
中東が不安定になって価格暴騰なんて事もあり得るだろうけど、
トランプは米のエネルギー関連もぶっ壊す的な事も言ってたりする訳で、
話が真逆な方向性でもあるのよ…なので、
先が見えない(判断つきにくい)って点で
イロイロ情勢不安が起きてるんで、
どっちに向いても「こんな事もあろうかと」って策を
用意してるんじゃないかなぁ…という気はしてる…


結局は外交って儲けさせてくれる方、
美味しい方につくのでどっちに動いても
対処できる根回ししにいったのではとの見方です。

posted by まゆ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政党☆自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444169614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック