2016年06月22日

中国さまが脱退するお!!と言ってます、海のルールを定めた国連海洋条約から脱退検討、中国φ(..)

あらら・・・
先の第二次世界大戦時の
日本の真似をする気かしら、シナ・・・

やっぱり、馬鹿ね・・・シナ

このまま国連脱退まで突っ走るのかしら・・・

第三次世界大戦の舞台はシナ大陸かしら、
シナ大陸の住人がいなくなろうが
シナ大陸が焼け野原になろうが穴が開こうが
どうでもいいけど、
日本も無傷ではいられない可能性もあるし・・・

ああ うざいよね、シナ・・・
世界大戦前に内乱に突入したらいいのに!!!

以下転載
海のルールを定めた国連海洋条約から中国が脱退検討って・・・
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12173160684.html

中国、国連海洋法条約の脱退検討
南シナ海仲裁判断へ周辺国に伝達
http://this.kiji.is/117670436779329012
一部引用ここから

>境界線は、南シナ海の大部分を
管轄していると主張する中国が
管轄範囲を示す根拠とする「九段線」。
これが否定されれば、人工島造成など
中国が進める軍事拠点化への大きな打撃になる。

一部引用ここまで



こんなニュースがやってきました。


国連海洋法条約っていうのは、

>領海および接続水域、国際海峡、群島水域、
排他的経済水域、大陸棚、公海、島、
閉鎖海および半閉鎖海、内陸国の海洋への出入りの権利、
深海底、海洋環境保護・保全、海洋科学調査、
海洋科学技術、国際海洋法裁判所が設置など
といった国際紛争の解決、という
海洋法に関する包括的な制度を規定する

海のルールにもとづいて
国際海洋法裁判所が
国際紛争の解決をするっていう制度の条約。


ここでの裁定が中国様の気に喰わなかったら、脱退するお!!


と表明したわけです。


つまり
国際海洋法裁判所などの国際司法の裁定を無視する。
話し会いでの解決を望まないということですわ。

そろそろハルノートステージ間際かもしれません。


これで脱退したら、次ぎは国連脱退ですかねぇ・・・。



先日、アメリカさんの議会報告書を貼ったので

2016年米国議会 中国の安全保障・軍時動向についての年次報告書
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12172277650.html


今日は防衛白書を貼っとくね。
話題の「九段線」などの場所も含め
いろいろこの図で確認してくださいね。

o0566039813678960760.png

o0564039913678960761.png

o0564039613678960762.png

きな臭くなってきましたね。

WW3が見えてきました。

戦争反対の人たち、
早く中国大使館前でさわいでください。
行く場所がオカシイんですよ。


posted by まゆ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代の悪魔シナ共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック