2016年06月19日

【2016年米国議会】中国の安全保障・軍時動向についての年次報告書

以下転載
2016年米国議会 中国の安全保障・軍時動向についての年次報告書
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12172277650.html

ANNUAL REPORT
TO CONGRESS
Military and Security Developments
Involving the People’s Republic of China 2016

http://www.defense.gov/Portals/1/Documents/pubs/2016%20China%20Military%20Power%20Report.pdf

毎年このあたりになるとこれが出てくる。
当ブログの軍事顧問の雪だるま氏の本業の忙しさ加減で
翻訳する時期がずーっと後になったりするが
今年はまだ去年より早くなった。

でも、もうすでに
多くのみなさんは読んじゃってるのかもしれない。


度重なる日本への中国からの領海侵犯、
EUからイギリスが脱退するんじゃないかとか、
西ドイツ銀行発の大恐慌がくるんじゃないかとか、
米第三艦隊の守備範囲が広くなりが東シナ海に派遣されたり、
日印米の3国がマラバール軍事訓練してたり・・・

どんどん緊張が高まってますね。

去年2015年の年次報告書はこんな感じでした。


米公聴会資料でわかる中国の脅威(詳細)
http://ameblo.jp/calorstars/entry-12083654061.html

今年
2016年年次報告書

どうなったかというと・・・

○書いてあることはある意味去年と一緒。
数字がそれなりに変わった(どれもこれも増加傾向)
埋め立てた面積が画期的に増加。
14,15年に埋め立て終了した場所は現在
インフラ構築中もしくは完成。軍民共用拠点として機能中


○弾道ミサイルも新型追加、
巡航ミサイルとの補完関係について触れてる。
唯一減少方向になったのは、弾道ミサイルの射程距離、
単純により正確な情報が入り、
当初の予想よりもしっかりしたって事だと思われる。


○爆撃機の新型が出てきたことで
先の巡航ミサイルキャリアーとして機能するため、
これまでの戦略核だけでなく、
戦術核による精密攻撃が言及されてる。
つまりIRBM、SLBMに加えて、
爆撃による3つの能力が揃ったことになる。


○グアムは完全に敵の攻撃領射程領域に入ったことになる。


○15年にその爆撃機による演習が行われた事で確実となった。


○新型・旧型の差は内部搭載機構の差でしか無いとも言えるので、
これまでの保有機を少し改造すれば、
それらの巡航ミサイルキャリアに変更可能と予想できる。
とかそんな辺りが追加されたかな…
弾道ミサイルや核弾頭数も着実に増加中。

これは書いてあるワケじゃないけど、
これを受けて米軍がどう出るか?ってのを予想すると、


○ちょっと前のカスピ海からシリアへ巡航ミサイル攻撃したロシア、
今回の爆撃機からの巡行ミサイル攻撃という2つの状況を踏まえて、
米がINF条約(中距離核戦力全廃条約)をどうするか…って辺りかな、
この間広島で演説したオバマな訳だけど、
日本ほど頑なな訳が無い訳なので、パヨク的楽観論で良いのか、
それとも単に「これからIMF(中距離核戦力全廃条約)を破ります」
ってのの前段階としての「お題目」なのか…って感じ。


○潜水艦については前回、まだここにだけは優位制があった。


中国領海付近の浅い海と、外海の深い海で考え方変えてる感じ。
そういうのに関しての部分は、
外洋へシフトしてきてる…って感じの事は書かれてるのと、
艦船数は増加の一途で
地域で最大の勢力になっておりますって辺りかな。
まぁそれに関してはその通りで、
順次最新型へのリプレイスもやってます…って感じ。
練度が伴ってないんで一応まだプレゼンスはあるけどねぇ…って感じ

爆撃機が配備出来ても、
制空権を取れなければ意味が無い訳ではあるし、
そういう意味ではまだ大丈夫って感じの印象


○なお、この報告書はあくまでも「米」の報告書なんで、
米領土への脅威度しか言及されてないんで、
日本がどうなろうと全く関係なく書かれてるから、
「だから安心」では無いです。


アメリカさんにとってこの感じってこと。


参考資料
「中国のミサイルがグァムにまで届くようになったお。」という報告書。
http://origin.www.uscc.gov/sites/default/files/Research/Staff%20Report_China's%20Expanding%20Ability%20to%20Conduct%20Conventional%20Missile%20Strikes%20on%20Guam.pdf

ちなみに、

−−−−−−−−−−−−−−−−

そういう思考も少しだけあったんで、
広島の演説聞いた時は
「ゾクっ」としたのも事実でね…もしそうだとすると、
アレ聞いて感動してた人は全員
平和ボケって話になっちゃうんで、
日本の世論がどっちに動くかもすごく気になる。


という所まで読んだあとで、
広島のオバマ大統領のスピーチ全文をゆっくり読んでおこうね。

オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」

http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/27/obama-begins-visit-to-hiroshima_n_10160172.html


まさにこれ、
o0320037613676700323.jpg

ある一定の状況をしってから読むと
同じ広島のスピーチがまるで違うものに見えてくる。


(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


posted by まゆ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439354888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック