2016年04月30日

被災地より・・・今上様と内廷メンバーの御皆様へ日本国民として心の叫び”来ないで〜!”

アッキーとみっちゃん

04b6536cbe10f9289bed2a6505f4110a.png

231ae98d4d14f6fb3c351b60be3224f2.jpg

04b6536cbe10f9289bed2a6505f4110a.png

もちろん、ナルとマタコ
be81394d40950cfb8928a02208251ea2.jpg

内廷皇族メンバーは被災地に

来ないで!

この被災者の方々の心の叫びが
天に届きますように

被災地で慰霊パフォーマンスするより
真摯に天皇としてのお勤めを為さり給われますように
今上陛下には言上致します(-人-)

下々の者に
こんなこと言われるアッキーって
どこまで盆暗なのか(泣)

そりゃ、
こんな妖怪と
04b6536cbe10f9289bed2a6505f4110a.png
何十年も一緒にいると
穢れるわな、、、今上といえども、、、

以下転載
被災地より  《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/8d1218a3c902ce88781f73dba4489ecc

こちらの記事

◆来ないでください、天皇陛下皇后陛下 〜被災地より〜 《転載ご自由に》
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/bff845a1000e7fcb91eda1540948e196
に続いて
被災地の読者の方から、再度コメントを頂戴しました。


応援ありがとうございます
2016-04-29 12:07:27 くまモン


皆様、応援とお見舞いありがとうございます。
そして主様。転載ありがとうございます。
皆様に地元の気持ちの一つを知っていただけただけで幸いです。

まだ余震は続いており早朝の余震はかなりのものでしたが、
馴れてしまった自分もいますがビクつく自分もいます。
今日は、久しぶりに晴れて外での作業が進んでいます。

私も被災したばかりで
多少感情的になっていた部分もありました。
粗野な言葉使いになったことは反省しております。

政治や経済、国防などは
感情で語ってはならない、とかねてより思っていました。
ですが、天皇にまつわることなどは
「感情」で計るものだと思っています。

日本人の心、感情の支柱。
これは論理、理論ではないのです。

ですが、この感情を構築するのはやはり
論理、理論だと思っております。
そこから導き出された感情が
今回のコメントでの文章になりました。

今、地元に来てもらって喜ぶ人もいましょうが
「何もこんな時に」と思う人が
多いことも知って欲しいと思う次第です。
少なくとも私の周りでは
「復旧の手を止めるのはやめてほしい」
と言っている人が多数です。

「陛下は御所で被災地のために祈っている」
とだけ報道してくれればいいと思っています。
東宮夫婦は論外。
この世から消えてもらっても構いません。
無様にへこへこしながら
挙動不審者のように消えていった東宮妃。
あのような無能者のために
被災者が納税しているのかと思うと泣けてきます。
そしてそれを許しているのは誰なのか、と。


これから地元は復興です。
幸い、県北や県南はほとんど被害もなく
「申し訳ないぐらい」
と友人からの連絡が多数あります。
「申し訳ないとか思わず復興に手を貸してくれ。
地元でできることは地元で」と応えました。

県北や天草などの温泉、観光地は無傷です。
新幹線も高速も復旧しました。
どうか、キャンセルをしないで来てくださいませ。
熊本城の復興過程も興味深い観光地となりましょう。

ずいぶん早い復旧に安倍政権でよかったと思います。
自衛隊の初動が地震(前震)から一時間以内。
心強かったです。
これが民主党だったらぞっとする、
ということをみんなで言っています。

自衛隊、警察、消防、
さまざまな人たちの協力で我々は復旧に励んでいます。
街中にうず高く積まれたゴミの収集を
自衛隊がしてくれています。

そして全国からの応援は励みになります。
くまモンが付いたグッズをみかけたら手にとって下さい。
お買い上げ頂くとより嬉しいです。


東北もまだ復興半ば。
我々も頑張ります。
津波や原発がない分、復興は早いでしょう。
早く復興しますので
余力は東北に使ってほしいと思います。


日本は何度も自然災害に見舞われました。
米軍によって焼け野原になりました。
それでも立ち上がりました。

今回、被災した直後、
地元の団体が
復旧手伝いに日の丸を立ててやっておりました。
胸が熱くなりました。

何度でも立ち上がり、蘇るのが我々の日本です。
これが日本人です。
日本人であることに誇りを持ち、私も頑張ります。


ありがとうございます。
深く感謝いたします。


posted by まゆ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東宮&東宮妃の闇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック