2015年07月30日

【動画】これが模範的「安保法案」論議です☆民主、共産党の不毛論と異なります

この【動画】見ました〜
こういう討論・答弁が国会よね〜
こういうのが国会議員同士の討論・答弁よね〜
こういう討論・答弁を見ると正常に
国会が運営されていると安心しますね〜

こういう討論・答弁を見ていると
民主党・共産党・社民党などなどが
クソ・おバカ・反日であることが
よ〜くわかりますwww

以下転載
これが模範的「安保法案」論議です
民主、共産党の不毛論と異なります【拡散希望】


和田政宗(次世代の党)vs安倍総理
「総理も生き生きと答弁(笑)」[国会中継]最新2015/7/29
https://www.youtube.com/watch?v=uRI-TelHZ18


次世代の党をもっと、応援したいですね。

未整理のまま、粗っぽい聞き取りメモ。
あくまでも内容へのインデックス的ガイダンスです。

「何もせず平和を守れる時代は終わりました」

これに尽きますね。

大変、明瞭です。


「個別的自衛権では日本を守れません」

その通りです。

単独自衛権での平和確保のためのお金は幾ら?
アメリカを抜いた場合。
→ 所要の防衛費、大幅に増加する。(24兆円だそうです)

日本、単独では不可能ってことですね。
安保の意味、同盟の意味はここにもあります。

「何をもって武力攻撃というのか?」
→ 武力を発生した時。被害を受けた時ではない。

和田政宗さん、いいですね! 憶えておきましょう。
言葉も整理されていて、滑舌も明晰。

サイバー攻撃の定義。

「離島に民間人に偽造した者達が上陸した場合。
こうした場合の法整備がなされておりません」→不法上陸
・・・・警察機関が対処できない場合、自衛隊。閣議決定しております。 

「自衛隊は国際法的には軍隊であります」 

「警告射撃すら出来ない件について。
中国が領海内に侵入した場合」どうするのか →国際法上の・・・・
外国軍艦について閣議決定。
自衛隊に海上警備を速やかに発令する。武器使用権限で対処できる。

質問が核心をついて、テキパキしてるので、
中谷大臣も見違えるように、きびきび応じています。
国会、こうでなくては!

「電話で会議していても、30秒かかる。
自衛隊がつなぎ目なく対応出来る体制を考えるべき」

中国は南シナ海で埋め立ての場所を、軍事に転用出来ると公言している。

「中国がこの海峡を抑えれば、
日本にとっても他国にとっても死活問題です」

機雷掃海は行えないのかという問いに対しては、
特定の名前を上げての・・・・答えられない。
敢えて一般論で申し上げる。

ホルムズ海峡については・・・・(安倍総理)

「迎撃ではなく・・・・・ミサイル」 → 特定の国名は(言えないが)
我が国の弾道ミサイルシステムは・・・・・
連射された場合でも対処能力があります。
米国の協力が不可欠でございます。憲法上許されないことがある。
(BB,ここが実にもどかしい)

最後に総理に訊く。

「アジア、台湾・・・・ASEAN諸国との安全協力はいかがか?」

様々な機会を通じて価値観を共有する国々と話し合いを行ってき、
今後も強力にする。
台湾は大切な友人であります。

相手がいいと、総理も中谷大臣もてきぱき、いきいき。

モナ男とか、バイブ議員のあの人とか、カスですわ・・・・
並べると。安倍自民を貶めるだけの、言いがかり質疑。

次世代 和田政宗議員 いいですね!!

久々にキラリと光る原石、発見。
応援メール送ろう。
https://www.wadamasamune.com/privacy/#

惚れて、この男に賭けるって人は
後援会に入って、お金出してくださいな。

中国政府が9月3日に予定している抗日戦争勝利記念行事の軍事パレード
posted by まゆ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政党☆自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック