2014年06月06日

特亜反日違法外国人を駆逐する方法はコレ!偽装移民法とやらで騒ぐより公務員を増やせですw

偽装移民法とやらでさわぐより


あの酷使さんたちの偽装移民法とやらで
夜釣りを楽しんでいるみなさんのためにこれもはっとくねー。

出入国管理及び難民認定法改正案で
酷使さんたちが何を改正されているのか読みもせず、
いつもどおりに偽装移民法だと叫んでいる件だけど、
そもそも外国人で問題になるのは
単純労働者層が大量に入ってきて治安が悪化したり、
暴動をおこされたり
国の文化や風習、言語が蹂躙されることに反対しているわけでしょ?

今回の改正は高度な技術をもった
少数のエリートへの優遇策で単純労働者ではない。
まず改正される法に反対するなら
その改正法案をきっちり法務省でよんでから騒ぐべき。

外国人の在留認定を減らしたかったら、
我が国でも一番の問題になっているのがこのビザ収得の区分
 (留学)(文化活動)(興行)
(宗教)(研修)(家族滞在)
(永住者の配偶者等)(定住者)
ここが一番やばい単純労働とか
売春婦とかプロ市民とか人民解放軍とかがやってくるところ。
飲み屋のダンサーとか怪しげな宗教勧誘とか企業スパイ目的の研修、
あと生活保護目的の家族滞在。
技術職や教授、研究職などの優遇策なんかじゃなく、
↑のこれについてのビザ収得手続きを
もっと厳しくしろと騒ぐほうが正しいやり方。
事実誤認で大騒ぎしても誰も相手にしないよー。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S56/S56F03201000054.html#3000000008000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

今いるオーバステイなどの犯罪外国人を減らしたいなら、

違法外国人を摘発するための警察や入管、
公務員を増やせ、国の予算を増やせという運動を起こすことも効果的。

麻生さんがつくってくれた在留カードというシステムには
入国して滞在している外国人の滞在期間が明記されている。
だから逮捕しやすくなった。

逮捕しやすくなったのに
逮捕されてない人が多いのは職員がいなくて、
捜査できなし、手続きもできないことと、
そのための予算がないからですわ。

不法滞在の人たちは
国がお金をだして
航空機で国に無理やり送り返してやるのが一番早い方法だけど、
彼らはそんな航空機代なんて普通はない。
我が国が負担しなきゃならないんですよね。

国は金をつかうなー。
公務員をへらせーと騒いでいるから
自分たちの身の周りにいる犯罪者たちを
国に送り返す手続きもできなくなってる。
外国人たちを減らしたいならこれですよー。
せっかくの時間、無駄にかくさーんとかやっている時間が
あればこちをがんばったほうが具体的に外国人減りますよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398879943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック