2012年02月14日

どうなるニッポン〜言いたい放題!株価3万円の資産はどこに行ったのか!

以下転載
http://ameblo.jp/satomasahisa/entry-11156320218.html
『どうなるニッポン〜言いたい放題 2012-02-05 20:34:23

2月4日 佐藤正久京都後援会主催の「新春の集い」を開催しました。

第一部では、
麻生太郎元総理大臣にお越しいただき、
基調講演をしていただきました。

「いまの不況はインフレ不況ではなく、資産デフレ下での不況である。
具体的には1989年に38915円だった株価は、
8,000円台に落ち込んでいる。
3万円の資産はどこに行ったのか。
1990年ころからは不動産価格は85%も下落
それだけ貧乏になったといえる。
デフレ下の不況で企業は利益の最大化よりも、
債務の最小化・返済に力を入れた結果、
債務超過を脱出したが、逆に銀行の貸し出し先がなくなり、
国債を購入」云々と分析。
「高橋是清は増税をしなかった」と引き合いに出して
現政権の経済強化施策を批判し、
非常時のリーダーを選ぼう」と締めくくりました。


第2部のパネルディスカッション
「どうなるニッポン〜いいたい放題〜」では、
堀場雅夫氏(堀場製作所最高顧問)に口火を切っていただきました。

堀場氏「人間は本当に食べ物がなくなるとパニックになる。
戦時中、京都に犬がいなくなってから約3ヶ月後に終戦を迎えた。
いまは京都に犬がまだいるから大丈夫。日本に生まれたことだけで幸福だ。
その上で日本をどうするか、リーダーを考えよう。」

「自分が学生の頃は、
どういう大人になりたいかという目標があって、
そのために何々先生のいる大学・学部に進学したいと手段を考えた。
いまの学生は目標がなく進学しているという違いがあるように思う」

コーディネーターは、経済人クラブを主宰する畑本久仁枝さんです。

また、参加者から
自民党の支持率が伸びないことに対する強い叱咤激励、
きわどい質問にも、麻生氏は熱く、冷静に、鋭く答えてくれました。

「Cool Japanとは外国人から見た日本の良さで、
その一つに自動販売機が挙げられる。
24時間365日壊されることなく、日本は安全であることを表している。
マンガ、カラオケも日本語で世界に定着した」

「田母神航空幕僚長を更迭した理由は、
制服を着た人間には分相応というものがある。その一線を越えたから」

「選挙で負けたら政権を交代する、それが民主主義での責任。
指揮官がダメなら、下士官・兵で支えようではないか」

佐藤も、自民党内で足の引っ張り合いをしていてはだめ、
トップが決めたことには従う
“フォロワーシップ”が組織では大事だと思います。

そして、最後に福島の女子高生の作文を紹介しました。

『福島で生まれ、福島で育ち、福島で働らき、福島で結婚し子供を産む。
孫、ひ孫が生まれて、福島で過ごしたい』

足元で、現実を見て前に進む人は強くなる。
福島の子供の中からリーダーが出ると信じています。

この新春の集いは、
京都後援会学生部「誠究塾」 の大学生ら40余名が運営してくれました。
ありがとうございます。ここからも必ずリーダーが出てくると信じています。

参加者・読者の皆様にも、
誠究塾の学生を温かく、かつ厳しくご指導いただければ幸いです。』


7124559_612118214_139large.jpg


上記の講演会の内容のおおまかな全文書き起こしはこちら

http://blogs.yahoo.co.jp/tanuki_nippon_special/11987624.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tanuki_nippon_special/11987867.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tanuki_nippon_special/11995501.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tanuki_nippon_special/11995646.html
(もう少し続くようです)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック