2012年02月13日

タロウが暴く!売国民主党の隠蔽体質の実態、マスゴミの報道しない自由による偏向報道の闇

ちょっと!おくさん!

やっぱり、またアイツら、マスゴミたちが
偏向報道してたんですよ!!!

議事録作ってなかった件。
ばか民主党と反日マスゴミは
『自民党時代から〜』と
ジミンガー発言を繰り返しておりましたが
それは単なる言い訳でした〜

麻生総理のお話をドゾ♪

http://www.youtube.com/watch?v=VlPNjdhca1c&feature=player_embedded


民主党は阪神大震災の時もジミンガ〜、みたいな反論をしてました-が
その後、情報公開の徹底を主張していた民主党の意に沿う形で
公文-書管理の法律ができてたんですね。民主党の議事録未作成は法律違反だけでなく、
原発事故の影響が外国にも及んでおり、また原発事故-の
検証や研究が世界各国で行われている点で、議事録もないという
お粗末さが日本の信用を大きく失墜させました。
情報隠蔽と責任回避だらけの無能民主党無責任政治に早く終止符を
打っていただきたい。

・・・ということでごさいますわよ、おくさん!
他にも、いろいろうそつきのオンパレードですわよ、おくさん!
以下転載してやるでございますわ!

麻生太郎オフィシャルサイト
http://www.aso-taro.jp/

「例会挨拶12・02・02」
【要旨】

●既にお聞き及びだと思うが、
東日本大震災に関する政府の会議議事録が、全く作成されていなかった

●麻生内閣の時に公文書管理法が成立し、
施行されたのが去年の4月。
つまり、それ以降については、文書の作成が義務付けられている。
民主党は野党の時、
こうした情報公開といったことについて、
しつこく言っていたのではないか。


●蓮舫氏が担当大臣をされていたと記憶するが、
これでは、ご自分たちの失政を隠蔽する為に作成させなかったのかと、
疑いを持たれても当然だ。
特に原発事故に関しては、国会の原発事故調査委員会が切り込むべきだ。

●また、社会保障と税の一体改革に関して、
特に年金制度の全体像について、未だ国民の前に明らかになっていない。
一体改革の議論を進めようというなら、政府としてきちんと出されるべきだ。
事前協議を求める前に、改革案の全体像を示すべきだ。

●これら全て、
民主党の“隠蔽体質”に問題があるのではと言いたくなる。
しかし、防衛大臣の国会答弁を聞いていると、
その資質の無さまでは隠しきれない様相だ。

● 後世の評価に耐え得るのか、
我々は、その能力が問われている。
政党の総合力を示すことが大事であり、きちんとした対応で臨むべきだ。


くわしく問題点をば!動画書き起こしから
***************************************************
社会保障の一体改革、
っていうのに関しても特に
年金制度の全体像っていうのをやってきたはずですが、
いまだ国民の前にこの年金法の全体像があきらかになっていない。

どうして?
だって、審議してもらいたいなら御自分の案を出されたらどうです?

一体改革に対する議論をするというのであれば
政府としてのその案をきちんと出されるというのが、
こりゃあ、政府の然るべき仕事なんじゃないの?

だって、自分達でやろうとしている原案は示さないで、
事前協議しましょって、まず出せって、自分の案を。
それ無しでやられるのは如何なものかと。

これは総て、
何となく民主党の隠蔽政策、工作にあるんじゃないのと思いたくなるんで。
こりゃあ、いわゆる今回の何でしたっけ、
大震災による、原発の、その他色々細かなことに関してでも
やっぱり隠蔽政策、工作、体質、そういったものがあるんであって・・・

(動画書き起こし)
***************************************************

公文書管理制度 (内閣府)

公文書等(国の行政文書等)は
国及び独立行政法人等の諸活動や歴史的事実の記録であり、

公文書管理法(「公文書等の管理に関する法律」(平成21年法律第66号))は、
このような公文書等の管理に関する基本的事項を定めること等により、
行政が適正かつ効率的に運営されるようにするとともに、
国及び独立行政法人等の有する諸活動を現在及び
将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的として制定され、

平成23年4月1日に全面施行されました。

 内閣府では、
国の行政機関や独立行政法人等において公文書管理法の適正かつ
円滑な運用が行われるよう推進しています。
http://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/

***************************************************
これは麻生内閣の時に、
いわゆる公文書というものに関しては管理法というのを作って、
これが成立したのが去年の4月ですから。
この4月以降はきちんとして管理しておかなければならないと
いうように作成が義務付けられた。
これはハッキリしてます。法律でそうなんてんだから。

これは民主党が野党の時にこれ、
情報公開だなんだかしつこく言ってたんですよ。
したのは民主党ですから。ね。
ましてやこれ、担当大臣が確か蓮舫先生が
担当大臣ということになっておられるんですな。

私の知ってる範囲では。

だから、こういったものは
当時のこう4月以降のが全然出来ていないというのは、
御自分達の失政を隠蔽する為に作らせていないのか、

というように言われてもこれは疑いを持たれるのも当然じゃないでしょうか。

私自身としてはそんな感じがしております。
(動画書き起こし)
***************************************************

おいっ!こらっ!
この仕分けシナ女!
テメーこそ、自分で自分を仕分けやがれっ!
23996125_1300127584_216large.jpg

***************************************************
やっぱり、後世の人達が我々の時代のものを、
我々の後の世代の人が文書で読むんですが、
その時に、やっぱり、我々はちゃんとしてた、
してたんだということをきちんと示すような形にしておかないと。

それで我々もその能力を問われることになるんで。
政党の総合力としては、ここは断固きちっとした対応で臨むべき。
私どもは基本的にそう思っています。

何といっても、いわゆる・・・何て言うのかな・・・こう・・・
どうして出さないのか、何とか言って、
出せだせと言っていたのは御自分達が言っていたわけですから。
それに合わせて麻生内閣の時に出すような法律が出来上がって、
それが施行されるのは去年の4月から。
それ以後やっとらんと言うことになると、
少なくともおかしいんじゃないの?という事の理由を我々としては
きっちり言わないといけないと私は思います。

我々は少なくとも政党の総合力というものを
きっちり示していくというのが大事なんじゃないかと思って。

それでもって後世きちっとした国民の評価に耐えたいと思います。

(動画書き起こし)
***************************************************

lib189586.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック