2011年02月24日

支離滅裂、前代未聞の民主党政権に渇!☆俺たちのタロウ☆国民に信を問うべき時だろ!

www_dotup_org1369760.jpg

麻生太郎オフィシャルサイト
きょうたろう 2011年2月24日

http://www.aso-taro.jp/diary/2011/02/20110224_1298530421.html転載
「例会挨拶11・02・24」
【要旨】
● おととい発生した
ニュージーランドの大地震で、多くの方が被災されている。
我々としては、心からお見舞い申し上げたい
しかし、多くの日本人が
倒壊したビルに取り残されているとの情報がある中で、
救出活動を優先すべき日本の政府与党が、
党内事情からか常任幹事会開くなどするのは、
優先順位のつけ方としては如何なものかと思う。

● 来年度予算案審議は衆議院で大詰めを向かえているが、
この段階になって、何人かが民主党会派を離脱するとか、
政務官が辞表を提出するなど、予算案に対して
連帯責任を負うべき議員のそうした行動は
支離滅裂、前代未聞だ。
また、予算案の参議院送付にあたり、
税制の関連法案だけ分離するなどの話が出ているが、
これまた過去に聞いたことがない。


● こうした中、野党自民党は
予算の組み替え動議を提出するが、
仮にこれを丸呑みすることとなれば、
内閣が自ら提出した予算案を否決したことになる。
かつて片山哲内閣はそうして総辞職した。
きのうの党首討論で
菅首相は「歴史への反逆」という言葉を使っていたが、
過去に照らし合わせて「歴史の必然」をどう考えるのか。

● いずれにしても、もう政権の体を成していないのは
支持率を見るまでもなくはっきりしており、
予算案が通らないならば、
その段階で解散総選挙しかない。
首相が替わったら予算案も良いということにはならず、
この1年半の民主党を実績を見る限り、
我々としては一致結束して不信任を突きつけていくことになる。
各級地方選挙の結果を見ても、それは明らかだ。
ここは解散をして改めて国民に信を問うべきだと、
そう思っている。



for_mixi.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187631418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック