2011年01月04日

【みんなの党の正体】マニフェスト研究・・おい!いきなり公約違反かよっ!献金5億円!

以下転載
みんなの党 マニフェスト研究

935434_875830679_203large.jpg

もっとも自民党にとって恐ろしい敵はみんなの党。
他にも書きたい事は色々あるのだけど、
ともかく、マニフェストを途中まで呼んでみた。
まだ半分あるので、残り半分のツッコミどころはまたいつか。

そこの支持母体は自治労

なのに、公約にこんな事をかかげる。
http://www.your-party.jp/file/agenda201006.pdf

つまり公務員たちは、
クビになりたかったり、賃金カットしてほしい人たちだったんだ〜〜。

退職願望?職場が嫌いなら辞めればいいのにねっ。

「小さな政府」(スリムな政府)に
1.国と地方の公務員人件費削減を実現する(公務員の数を削減、給与をカット)

@国家公務員を10万人削減(道州制導入と地方出先機関の廃止など。現在31万人)。

A給与法の抜本改正により「年功序列賃金」を見直し。給与カットを可能に。

B公務員に原則、労働基本権を与え、代わりに身分保障をはずし民間並みのリストラを実施。

C公務員給与を2割カット、ボーナスを3割カット。幹部職員は即時実施。

D公務員組合のヤミ協定、ヤミ専従等を根絶。違反者は即免職。刑事罰や個人賠償も導入。

E公務員の退職金・年金の二重払いを差し止め。

F地方公務員も、民間並みの給与水準、リストラを実施できる制度に改め、地方自治体主導
の人件費削減を後押し。

G以上により、国と地方の公務員の総人件費を2割以上カット。

********************************

4.「官から民へ」を前進させ、
独立行政法人の廃止・民営化等を実行する


@天下りの温床となっている独立行政法人は原則廃止または民営化。
民主党政権のように、廃止と称して準国営化するような「民から官へ」の逆行は認めない。

A政策投資銀行、商工中金は、経済危機克服後、完全民営化。
公的金融機能は、日本政策金融公庫に一元化。
経営陣はすべて金融のプロとし、天下りは排除。

B公益法人の必要性をゼロベースで見直し。

C天下り先での談合防止のため「官製談合防止法」を強化
(官僚OBへの適用対象の拡大等)。公正取引委員会の官製談合に係る権限を強化。

D随意契約・指名競争入札の一般競争入札への原則転換。
やむを得ず行う場合、その理由、
契約相手方における天下りの実態等の情報公開を義務づけ。

********************************
と唄っているのに、いきなり公約違反

みんなの党 渡辺代表/
企業団体献金5億円
公共企業じゅちゅうきぎょうから9300万円、
天下り先企業からも
(2010年6月6日号 しんぶん赤旗・日曜版35面)

http://www.asyura2.com/10/senkyo87/msg/638.html

posted by まゆ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの党の正体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178271375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック