2010年12月18日

これが虚偽なら良いのだが…妃の裏側【闇の現代日本史】

以下抜粋転載
小和田恒っていつから皇族になったの?
http://blog.goo.ne.jp/eririnmeg/e/0c9661d2da9e24af56c517f9fc080cdd

6d77597d0f513fa561eb3f3a22092808.jpg
ネットは侮れません。
ふと見つけた画像ですが・・・
場所は国際司法裁判所の会議室。
椅子は裁判所長である小和田の椅子。

各国の椅子がありそれぞれ国を代表する印を付けている。
で〜小和田の座る椅子だけど〜

十六八重菊の紋

この十六八重菊の紋は普通皇族の方が使うもので
使用を許されているのは皇族のみ。

いくら無能な 卑 臀 下 の父親だとしても
使っていいものと悪いものがある。

まるで天皇気取りですか?
自らを準皇族と言い、ふんぞり返って・・

まあ、勝手に紋を使って宮内庁はびっくりしてましたわ。
ちゃんと調べてそれなりの処分して欲しいよ。
ヤフオクの皇室のお宝泥棒も。

小和田ならミッキーをねずみって言ったシナのように
これは十六枚のタンポポとか言いそうだけどね。

雅子妃の実父、小和田恒氏の専用の椅子
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-464.html

200907251829005de.jpg

上の画像は、某ブログに掲載された、
現在、小和田恒氏が使用している国際司法裁判所の所長の椅子だが、
その背もたれにはっきりと菊の御紋が使用されている。
藤原家などの歴史上の天皇家の外戚でさえ、
菊の御紋を私的に使用した例は見つかっていない。

一般家庭の例で考えても、
娘の嫁ぎ先の家の家紋を勝手に使用するなどというのは、
常識的には考えられない行為である。

小和田恒氏が、天皇陛下の権威をいかに自己の権勢に利用するか、
日夜腐心している様子が窺える。
美智子皇后陛下、秋篠宮紀子妃殿下の御実家ではありえない態度である。

天は小和田家の長女に親王を授けず

賜剣の儀での失態、守り刀の踏みつけは神の意志か
緊張の東宮大夫=桐箱取り落とし一瞬ヒヤリ−賜剣の儀〔ご出産〕  
(時事通信) 2001年12月1日(土)18時33分
天皇陛下から新宮に守り刀を贈る「賜剣の儀」は、ご誕生から約2時間後の1日午後4時半から、
宮殿の表御座所で始まり、約30分間で滞りなく終了した。
伝達役の古川清東宮大夫は午後4時35分、授けられた刀の入った桐(きり)箱を恭し
くささげ持ち、宮殿西車寄の玄関前に姿を現した。緊張した面持ちで、ゆっくりした足取り。
箱は菊の紋が付いた紫色のふくさに覆われ、袴(はかま)の目録を持った宮内庁事務官が
付き従った。緊張のためか、古川大夫は箱を取り落とし、
慌てた大夫が箱から飛び出した賜剣を踏みつけてしまう場面も。
事務官が剣を拾い上げ、事なきを得たが見守るマスコミ関係者は一瞬あっけにとられた。
その後、事務官が代わりに皇太子ご一家の待つ宮内庁病院に入り、
刀は無事にお子さまのまくら元に安置された。


小和田恒は超一級の売国奴
中国の側に理があるという非常識を日本国民に植えつけてきたのは、
田中内閣以後の親中派議員と外務官僚だ。
中国に対する贖罪意識に加えて、日中条約締結後にはじめた
ODA援助がらみの利権が親中派議員を激増させた。
一方で外務省主流も親中派に傾き、チャイナスクールが跳梁跋扈した。
小和田恒元外務次官、元国連大使(現国際司法裁判事)が
『日本ハンディキャップ論』を唱えたのは有名だ。
日本はハンディを背負っているのだから
一人前の行動や発言をしてはいけない、との暴論である。


創価学会とも深いつながり
2009072607160924f.jpg
積極的に徳仁皇太子に雅子妃を売り込んだ小和田家
『小和田雅子さん素顔の29年』
永井雄一、データハウス1993年、p162より
外交官試験に合格した1986年10月、
この同じ月に雅子さんは初めて皇太子殿下にお会いしていた。
正確に記せば、試験に合格した12日後の10月18日、父の恒さんと共に
当時の東宮御所(現赤坂御所)に出向いていたのであった。
今では、すでに知られる
スペインのエレナ王女歓迎のレセプションの席であった。
タイプ打ちされた、そのパーティーの出席者名簿に、
手書きで書き加えられていたのが、雅子さんであった。

彼女を推薦したのは恒さんの上司にあたる中川融・元国連大使であった。


マスコミの世論誘導によって、皇太子に見初められ、
皇室の犠牲になったキャリアウーマンというイメージのあった雅子妃だが、
実際には積極的に売り込みを行なったのは小和田家の方であった。
その陰に外務省の反日官僚グループと反日マスコミの執拗なバックアップが存在していた。
まだ、皇太子妃の候補にもなっていない頃、親のコネで外務省に入省した一公務員について 
フライデーなどの週刊誌が誉めそやした記事を掲載するなど、前代未聞の出来事だろう。
しかも同じ号に徳仁皇太子の記事を掲載するという用意周到さである。

『FOCUS』1986/10/17号に掲載された雅子妃の記事
2009072608092593e.jpg

同じ号に掲載された徳仁皇太子の記事
20090726080925628.jpg

これではわざと雅子妃の記事が徳仁皇太子の目につくように
恣意的に編集したと言われても仕方がない。
インターネットも普及していなかった時代なので、皇太子が真実を知る術はなかった。
(小和田家とマスコミの売り込み攻勢の詳細はドス子の事件簿wikiを参照)

外務省の一新入職員に過ぎないはずの雅子妃は、日経新聞の夕刊などでも唐突に紹介され、
テレビのインタビューまでされたが、外務省の期待の星という割りには、
その後、何の実績も残せず、親の威光を借りて内規破りをするなど、
むしろ恥ずかしい実績の方が上回った。

自宅を密会の場に提供してまで、雅子妃の入内に固執した元外務次官
20090726083311bc6.jpg
昭和天皇の反対などから、一時は立ち消えになった雅子妃のお妃候補だが、
昭和天皇の崩御を見澄まして、ゾンビのように再び復活し、
小和田恒の息のかかった外務官僚らの執拗な工作が功を奏し、
ついに結婚が実現することになる。皇室の受難の時代の始まりであった。

雅子妃の入内にあたっては、高円宮憲仁親王が様々な協力を行なっており、
密会の場に宮邸を提供するなどの事実が週刊誌などで報道されている。
高円宮はその後、2002年11月21日に、カナダ大使館でスカッシュ中に心不全のため死亡。
47歳の若さであった。
今もってその死には謎が付きまとっており、
治外法権のカナダ大使館で実際に何が起きたのかは不明のままである。

(コメント)
小和田家の振る舞いで、いやらしい言い回しで献上品をせしめたとか、
準皇族きどりの勘違な行動などは良く聞く話で、
ドス子の事件簿wikiで調べれば実例がいくらでも出てくる。
美智子さまの実家の正田家や、紀子さまの実家の川嶋家では娘を入内させて身を慎んだが、
小和田家は驕り高ぶり、利権を得るのに必死のようだ。

雅子妃は皇室のガン細胞であり、皇統断絶を目論む反日勢力の神輿となってる。
女帝論争を復活させるための下準備かどうかはわからないが、
愛子内親王の持ち上げ報道に、メディアは何かと必死である。
元々皇位継承権がない上に、悠仁親王殿下との皇族としての器量の差も歴然としているので、
持ち上げれば持ち上げるだけ逆効果になるだけだろう。
小学生になっても挨拶一つ満足に出来ない愛子内親王の皇族としての資質に、疑問符も付く。

皇室関連の宝物のヤフーオークションへの流出事件にも小和田家の関与が疑われており、
小和田恒の投資失敗の穴埋めとの噂もある。
今後、皇太子夫妻が天皇皇后に即位するようなことがあれば、
小和田家による皇室の権威の悪用は、さらに増えていくに違いない。
献上品程度ならまだ笑い話で済むが、政治や皇統について、
徳仁天皇を利用した介入があれば、取り返しのつかないことにもなりかねない。
最も心配されるのは秋篠宮家、特に悠仁親王殿下への圧力である。

〜つづき http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-464.html

雅子妃の実家、大和田家ならびに父、恒氏についてコメントの数々
足小和田そう言うメンタリティー無いんですよね。
見ていて朝鮮人そのものと思う事が多々あります。
●皇室に入りたくないのに来てやった。
→実際は昭和天皇が崩御されてから今上の目を盗んで外務省が手を回して必死に押し込めた
=●強制連行ニダ!
 →実際は密入国
●病気になったのは皇室にせい。悪いのは皇室だからルール変えろ。愛子を天皇にしる!
=日本人が悪いニダ!差別ニダ!!!嫌なら祖国へ帰ればいいのに在日参政権よこすニダ!

上げればキリが無い位似てますよ。
小和田には日本人の謙虚さや美徳と言うメンタリティーが全くないんです。

足もう小和田のやる事全て下品過ぎます。
さすが、3代前の先祖が日本に遡れない輩だけありますね。

足反日左翼・・・小和田氏の事ですか?
確かに小和田は反日左翼ですね。
・持論のハンディキャップ論で日本の土下座外交の基礎を作った。
・竹島の韓国不法占拠に対して日本が対処する事を止めさせた。
・カルトである創価学会の池田大作の外遊に際して便宜を計った。
・雅子の愛読書は大江健三郎

確かに小和田は反日左翼思想の持ち主です。

足それと不敬云々の表現が出たのは小和田氏の行状からです。
・自らを準皇族扱いにせよと言い、留守宅にまでポリスステーションを設置させ、
皇族と同じように警備を付けろと宣った。
・正月早々から東宮御所に入り浸り、娘の不出来に対して何ら恥じる様子もない。
・オランダ静養では家族を上げてオランダの王室の城に入り込む。
・東宮家の静養に毎度家族をあげて乗り込む。皇族の静養所であるらも関わらず・・・
・婦人は自分の衣装の請求書を皇室に回したりしているようですしね・・・

小和田氏からは皇室に対する尊敬の念など微塵も感じさせられず、
かえって皇室を自身の権力に利用しようとする恥知らずに見えます。

足美智子皇后殿下のケースでは
父君の会社もしっかりとしていたので
通常3億はかかると言われる興し入れ興し入れ費用もしっかりと出すことができた。
しかし 小和田家は1官僚。そこでどうしたか。
台湾を裏切り 中共にガン寄りして、
謝罪外交のこけら落としをした父田中角栄の娘、田中真紀子が同様のシナ寄り 
小和田家の為に外交機密費で面倒みてあげたのだとか。

育ちがわかるねえと大笑いしていましたが、
笑うところではないでしょう!

足美智子様と雅子の違いを皆で比較しましょう。
正田家は美智子様が嫁いでから控えめで美智子様の父親は仕事から退いた。
小和田家は雅子が嫁いでから権威を傘にヤリタイホウダイ。
美智子様は清楚で気品がありスキャンダルは一切無し。
小和田家は反日、チッソ事件、在日疑惑、有る巨大カルト教団創??学会信者疑惑、
雅子のスキャンダル疑惑。美智子様は美智子様で良いけど雅子様は雅子で良いです。
雅子に様は必要無い。川嶋紀子様は様か必要です。
愛子様は、これからの行動言動、次第では様は必要無いかも母親が雅子だから。
宮内庁、皇室にもソウカの魔手が〜?。

足小和田家ほど下品で慎みがなく皇室と相反した家はありません。
正田家と比べるにもあまりにかけ離れています。
小和田という名前すら、実際には疑わしい。
本家・小和田家すらいつからこんな一族がいたのか全く知らず、
未だに距離を置いているところから見ても、
また小和田金吉の実存年代が全く合わないところから見ても・・・
戸籍乗っ取りが想像されます。
そうすると韓国政府が雅子・愛子の像を造った理由もわかります。

雅子は在日とよく似ています。
・・嫌だ嫌だと言いながら皇室入り。そして皇室の伝統に文句付けて雅子流を押し通そうとする。
そして皇室の被害者面して税金で好き放題!
でも決して皇室から出て行こうとはしない。

在日も強制連行だ!と言いながら日本に定住。差別だ!差別だ!と言いながら在日特権を行使。
そして被害者面して日本人以上に生活保護をせびっている。
でも決して日本から出て行こうとしない。

小和田金吉・・・新潟にいつ流れ着いたんでしょう・・・


足今回、宮内庁による「教育基本法16条」と「公務員の守秘義務」と「児童保護法」を敢えて
違反した学習院と男子ご学友をターゲットにした記者会見は一体なんの為なのか?
一つ納得できるラインがある。
それは、宮内庁、東宮大夫野村、侍従長川島は外務省天下り外交官であり、
その元上司に雅子実父がいる事だ。
 数年前、ニュージーランドとオランダへの皇室による国賓静養を画策したのは誰あろう、
丁度その期間、オランダのハーグに国際司法裁判所に天下りの「渡り」をしていた、
かの雅子実父の 小和田 恒 である。結果は正に最も贅沢で高価な娘の「お里帰り」であった!
後に天皇に「私用で外遊したことは一切なかった」と国民に弁解された程だ。
今回も、「当人と学校と数名のご学友に犠牲の出ないよう望む。」と
わざわざ国民に言わせる失礼となった。
 その”今道長”と天下り外交官人脈が今回「学習院と罪もない児童イジメ」の大オーケストラだ。
記者会見の内容が海外で、タイ、アメリカ、イギリスでより詳しく報道されているのが気になる。
その情報が在外大使館から出なければ、不可能と思える程だ。
 目的はなんだろうか?
自分の娘の不足は孫の不足とは関係が無いとわざわざ国民に言いたいのか?
しかし、もしそれに成功しても、長い目で見れば、
火の粉はが自分の娘と孫に一番大きく降りかかってくるであろうに。

ひらめき戦前なら不敬罪ですね
16菊の御紋章を天皇家以外が持つことは、考えられません。
背景に池田大作氏もいたと思います。

ひらめき確かに小和田家って半島の方かと、思ってしまう振る舞いが多いですね。
月刊WILL(21年)9月号の渡部氏の論考によると、当時の土井たか子議員の質問に答える形で、
所謂東京裁判史観を日本政府が受容しているとする趣旨の答弁をしたようですね。

ひらめき小和田家は藤原家であり、小和田亙は藤原不比等である。
藤原家も3種の神器以外に勝手なレガリヤを想像し陛下、皇室を貶めた。


ひらめきhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1417316434
天皇陛下を日王と呼んで憚らない反日国家韓国が政府主導で
ハワイに雅子さんと愛子さんの銅像を建てるのは不思議です。
やはり噂は本当なのでしょうか?
その前提としてハワイの銅像建立、小和田氏が使っているとされる
菊の御紋の付いた椅子の写真の真偽が知りたいです。

ひらめきちょっとホロリと来てしまった。。・゚・(ノД`)・゚・。

ローマ大帝国も、ナポレオンの国でさえも、一度戦いに負ければ亡びている。
私の国のカイゼル陛下にしても、また生前中は神の如く慕われていたヒットラーも、
イタリアのムッソリーニも、戦いに負けたらすべてそのまま残ることはできない。
殺されるか、外国に逃げて淋しく死んでいる。
だから日本の天皇も外国に亡命すると思っていた。
しかし、そんなことは聞かない。だからすでにこの世におられないと思っていた。

ところが最近、日本から来た記録映画を見て驚いた。
天皇が敗戦で大混乱の焼け跡を巡っておいでになる姿である。
しかも、二年もの長い間、北の端から、南の端まで、
焼き払われた廃墟を巡って、国民を慰めておられる。
陸軍も海軍もすでに解体されているのに、一兵の守りもないのに、
無防備のままで巡っておられる。

平穏無事なときでも、一国の主権者が、自分の国を廻られるその時には、
厳重な守りがなされている。
それでも暗殺される王様や大統領がある。
それなのに一切の守りもなく、権力、兵力の守りもない天皇が
日本の北から南まで、焼き払われた廃墟を巡る。国民を慰める。
何という命知らずの大胆なやり方であろうか。
いつどこで殺されるか。こう思って映画を見ていた。
しかし驚いたことに、国民は日の丸の小旗を打ち振って天皇を慰めている。
こんなに美しい国の元首と国民の心からの親しみ、心と心の結び、
これはどこにも見られないことである。
われわれは改めて、日本を見直し、日本人を尊敬しなければならないと思っている。

オットー・カロン博士

ひらめき某所より転載 (´;ω;`)

戦後、昭和天皇は、国民を激励するためのいわゆる「戦後巡幸」として、
数名の進駐軍MPを伴うだけの今の警備体制からは到底考えられない
ほとんど丸腰の状態で混乱する群衆の中や炭鉱等に入っていきました。

当初、GHQも「敗戦で苦しむ国民の間を回れるものなら回ってみたら」
と冷ややかな目で見ており警備をわずかしかつけなかったのですが、
実際には、どこでも歓迎の嵐で迎えられ、暗殺など危害を加えようと思えば
誰にもできるような状態にも関わらず、石を投げる者もいなかったのです。

225 名前:おさかなくわえた名無しさん :2006/06/30(金) 14:56:36 ID:bnbZKkYV
>>221
ただ行けなかった地域が一つだけある。それが沖縄。
この事実を昭和天皇は崩御される直前まで気にするというか、心配していた。
きっと将来によくない影響を残す、と。
で、その心配は現実のものとなってしまったのよね・・・
そっから、考えると「戦後巡幸」というのが、当時の日本国民にどれだけ
影響を与えたかってのがわかると思う。

226 名前:おさかなくわえた名無しさん :2006/06/30(金) 15:00:22 ID:PZDAWld8
>>221
愛新覚羅溥儀が収容所に入れられた時、
すでに入所していた元貴族たちが「ようやくご主人さまに出会えました」と感涙したけど、
しばらくしたら横柄になって、
溥儀を顎でこき使ったり、罵ったりするようになったそうだ。

と、溥儀本人の自伝に書いてあった。
えらい違いだね。


ひらめきそれにしても・・・菊の御紋の件が事実だとすれば、小和田は国賊としかいいようがありませんね。
英邁なる昭和大帝や今上陛下のお血を受け継いでいるのであれば、
いいかげん皇太子殿下には目を覚ましていただきたいものです。

ひらめき数々の名医が付きながら、いまひとつはっきりしないずっと続く体調不良。
それはズバリ病気ではないから。 
最初は想像もできないことでしたが、数々のことをプロットしてみた結果、
雅子妃は「ある筋」に見込まれ、皇室に送り込まれ、
その期待に十分にこたえる結果を出していると考えるようになりました:
雅子妃は体調不良を理由に日本の伝統行事や皇室の祭祀を拒み続ける一方で、
数々の不可解な行動。そして天皇皇后両陛下をないがしろにしているような印象も受けます。
少なくとも、天皇皇后両陛下のご健康が心配されるほど、
超過大なご負担を掛けていることは間違いない事実。
また、子供の躾はどうでしょうか? 
雅子妃が熱心に通っていた国連大学はチュチュ思想の総本山的なところ。
母君の小和田優美子氏の方も、連合の高木会長、朝日新聞の秋山社長、侮日変態の朝比奈社長、
共同通信の石川聰社長といったある意味著名な人達と共に例の日本ユニセフの評議員としてご活躍。
ちなみに宮内庁は外務省人脈のところ。そして外務省には
「大鳳会(おおとりかい)」なる400人を越す創価信者の大グループが存在しています。


ひらめきカワシマキコとオワダマサコの名前がタスキ掛で読めるなど、
皇室の行事には一般に隠された意思が働いているのでは無いでしょうか。
守り刀の踏みつけという事も、偶然では無いと思います。
皇室の歴史から見て10年20年はほんの一瞬、栄華を誇った藤原氏も三代で滅びました。
因みに10数年前、シンガポールで小和田雅子さんの叔父さんのお迎えをした事が有ります。
その時の一番の印象派、下品な田舎の親父でした。


ひらめき婚約前の怪しい動きについてもちゃんと書かれていて、すばらしかったです。
いずれ、小和田家の不思議なお墓や怪しい出自に付いても、書かれる事と思います。
楽しみにしております。

ひらめき写真の元はここかな?
http://zikisai.jugem.jp/?eid=369

ひらめきこんな椅子に馬鹿デカく模様をつけるセンスに半島の匂いを感じる。

ひらめき以前から時々見直していた 小和田関連 雅子関連の記事や写真がネット上で
段々見れなくなっているようだ。
7月29日の「離婚もしくは廃太子希望」さんの紹介先も見れなくなっています。
小和田家系図の「おそらくは別流ならん」と但し書きされた家系図も見れなくなっています。
今後 民主党政権下でネット規制が強まり
小和田に不利な記事や画像は削除される可能性が充分考えられます。
アドレスを記録するだけでなく各自が記事や画像を保存しないと消えていきそうです。


ひらめき菊のご紋の悪用は他にもありました
 規制くらってどこにも書き込めないので、うっぷんばらしに
お邪魔します。いつも興味深く読ませていただいております。
菊のご紋の悪用で思いだしたことがあるので、お目汚しをお許しを。

 昨年の夏、ミス・ユニバースの日本代表の下品すぎるキモノもどきが問題になりました。
本番では露出を少しだけ控えたのですが、着物は牛革、襟は鹿の印伝とケダモノづくし。
ショッキングピンクの丸みえパンツに同じ色のガーターベルト、
宣伝用の写真も、目はイッちゃっててあらぬ方向を見ている、
上半身はニンジャもどき大和撫子もどきだけど、下半身は娼婦で、
つまり日本女性は、頭がおかしくうわべは上品ぶってるが、
下半身は発情しっぱなし、という悪意を含んだメッセージがてんこもりでした。
帯は西陣織でしたが、若い職人さんをだまして、
そこまで露出度の高い服装だとは伝えていなかったようで。
職人さんのブログは炎上、閉鎖、いまはどうなったのか。
その女性には「焼肉が食べたい」とコメントさせ、麻生前首相にも、はしたない服装で会わせた。

キモノもどきのデザイナーは、ツテでtimeに期待の日本人という記事に登場。
ユニバース選びにはイネスという謎の6本木ヒルズ族がかかわり、
せっかくユニバースになれても
ドナルド・トランプの個人的な宴会要員にされることが多いらしいです。
このイネスの補佐役のAという女性も、ヒルズの外人投資家と結婚していて、
友人でピーチジョンのモデルの道端ジェシカはF1ドライバーを射止めようとしているところ。
どこまでつながる黒い人脈という様相ですが、前置きが長くすみません、
この連中が昨夏のユニバースの宣伝サイトに菊のご紋を使っていたのです。
サーバーはフィリピンだったかと。
日本人ではできないユニバースな発想ですね。

悪用しているサイト
http://www.missosology.org/2009/mu/bt/japan.php
検索したら残ってました、
ユニバースの菊のご紋の悪用。

並んでうつっている女性のポーズや髪形にもなにか
悪意あるメッセージがありそうです。

posted by まゆ at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | I Love 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日韓併合してから、皇族にも数人の成りすましが入り込みましたからね。◎宮内庁にもよく見る朝鮮顔の人、人、人。◎ これから皇室そのものが清浄化されて行きますように。古墳や神社と繋がる血統に戻りますように。日本国そのものが、正常化して行きますように。
Posted by 名無し at 2016年08月05日 23:33
正に朝鮮人根性丸出しの人ですね。大和人種なら、どんな無作法な人でも、ここまで厚かましくない。もっと礼儀をわきまえています。行動を見ても人種が分かる。こんな人物が永らく外務省トップにいたから、日本は中国の南京や韓国の売春婦に反論出来ずに、貶められるだけ貶められて来たのです。謝罪談話を出したのも、こういった成りすましでした。蓋を開けて見ればこういう事です。これからは、成りすましの言いなりにならず、どんどんと日本人も石碑を建て、言葉でも反論していく事が大事、奴らの悪事の数々を、鉄艇的に暴き続けていきましょう。これは戦争です。
Posted by 名無し at 2017年02月12日 15:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173981315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック