2010年11月09日

【東京23区】町田市【民主党:くしぶち万里代議士の亭主】は【中国人で国籍がない日本に不法滞在している犯罪者】と中国大使館も認定している件

「通訳捜査官」板東さんの情報
以下 転載↓




民主中国陣戦も内部分裂など激しいです。
日本で集めた中国民主化運動の資金をめぐり、
民主中国陣戦で民主党櫛渕万里のダンナの李松は
80万円を持ち逃げした、と
中国人向け華字新聞「博訊」で告発されているようです。

こういう記事もあります。↓
http://ameblo.jp/outlawswatching/entry-10353027366.html
東京23区町田市から民主党公認で当選した櫛渕(くしぶち)万里 は、
前ピースボート事務局長だったというだけでなく、
その亭主不逞中国人の李松という犯罪者だという事実が
民主党執行部にボディーブローのようにダメージを与え始めている。
女性自身の9月22日号179ページには、次のように書かれている。

先の衆議院選挙で東京23区から当選した民主党新人の櫛渕(くしぶち)万里議員。
t02200156_0745052710263776671.jpg
彼女を支えた国際結婚12年目の夫は、一つ年下で中国ハルビン出身だ。
「櫛渕さんのご主人は、中国の民主化運動家なんですよ。天安門事件などの影響で
今は中国から日本に拠点を移して活動しているそうです。
櫛渕さん自身もピースボートなど平和活動を長くやってきました。
現参議院議員の川田龍平さんと共に市民運動をしている時、二人は知り合ったそうです」
(民主党議員秘書)
 そして今回の総選挙。だが、夫の姿は表舞台から消えた。
「選挙前には、事務所内でポスターの裏貼りをしたりして一生懸命手伝っていました。
ただ、選挙戦が始まると、”日本国籍がなく、選挙権のない自分が表に出て
選挙のお願いをして回るのは、逆に迷惑がかかるのでは”との思いから、
表立って応援することは控えて、家庭内のサポートに徹していました。
特に健康面に、かなり気を使っていたようです」(前出・党関係者)
 櫛渕議員によると、夫の得意料理は手作り餃子。
(肉肉しさがなく野菜いっぱいで、エビがごろごろ。いくらでも食べられてしまう)
(とってもおいしい♪)と彼女のブログで綴られている。
 食事を中心とした家事を夫が担っていたのだろう。
夫の愛情たっぷり餃子をスタミナ源に、これからは国政の場で活躍することだろう。
 これで「公式」に、櫛渕万里代議士は
亭主は年下の中国人で国籍がない」と認めたのである。

 その亭主こそ、札付きの「李松なのである。
 警視庁を中心とした中国人犯罪組織摘発の動きの中で、
この李松も徹底的に調べられることになった。
現在は「日本国特別在留許可」というものを取得している李松は、
日本国籍がないだけでなく
中国大使館にもパスポートが失効しているから
再三の出頭命令に違反しているので、
中国国籍も宙に浮いている
要するに、
日本に不法滞在している犯罪者として
中国大使館も認定しているのである。

 噂では、李松の資金源の一つと言われている
「新宿にある中国人留学生の女性ばかりの売春組織」は近々摘発される予定らしい。
 先日の総選挙で「1億円以上使った」と言う櫛渕万里代議士には、
そんな選挙資金をひねり出せる財布はない。おそらく亭主・李松が経営する
新宿の売春組織からの裏金だろう。
 東京入国管理局や関東公安調査庁では合同で、李松らの特別在留許可を取り消し、
不法滞在者として拘留する」ことが考えられているようだが、
それを政権政党・民主党のゴリ押しで粉砕しようと計画している
櫛渕万里代議士たち売国奴政治家である。
当の本人・李松は3月14日に東京JICAのセミナーで、
「民主中国陣線の代表」として次のように発言している。
「私、李松自身が、中国に自由がなくて、20年前中国を脱出した人間ですから、しかし、
じゃあ私が逃げ出して辿り着いた日本が最終地点であるかといいますと、
私はこの日本に来て20年を過ぎましたが、まだこの日本において難民認定を受けておりません。
なぜかと申しますと、このアジアは日本を含めて、難民に対する認識が間違っているからです」

 民主党代議士の夫となった不法滞在の不逞中国人・李松は、それでも
「日本は一時避難地。取り敢えず難民認定を出せ」と言い続けるつもりなのか。
日本人の妻のおかげで「特別在留許可」をもらっていながら、
「中国人女性と国際結婚しませんか」という人身売買組織では、
1件成立に当たって手数料が200万円もらえるというし、
新宿の女子留学生の売春組織は
ニューフェイスがいくらでも入れ替わるので大繁盛といわれている。

 李松が言うように、日本政府が難民に対する認識が間違っているとするなら、
それは李松などの不逞中国人に大きな顔で「難民申請」させても
逮捕・強制送還しないことだろう。
 櫛渕万里代議士が民主党の圧力で違法行為助長をするなら、鳩山政権の将来は真っ暗である。

47177597_3721696132.jpg

民主活動家に関しても、私は気をぬけないと思います。
共産党が倒れて民主化しても、中華思想は変わらず、
さらに反日的な国家ができます。
「敵の敵は味方」と単純にいえないところが、要注意ですね。

47177597_3721696132.jpg
posted by まゆ at 17:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 売国M党日本壊滅作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい情報に感謝です。

町田市と多摩市の有権者の皆さん、

三鷹市議会選挙に 「市民の党」から 北朝鮮拉致犯人の息子が出自を隠して立候補したのですが、週刊誌が報道したことからばれて、落選しました。

報道がなかったら、選挙上手な党ですから 何人も当選していたでしょう。 吉祥寺では市民の党が数名当選しています。

菅直人が7千万円近くも、ほかの民主党議員(櫛淵万里議員も)その北朝鮮テロリスト支援の市民の党に献金しています。

櫛淵議員の夫と秘書が不法滞在の中国人女性と日本人の結婚あっせん業をしていた、とは、国家反逆罪にも相当しますね、

菅直人、次回の選挙には落選させる運動が始まっています。
国家に弓を引く輩です。
Posted by 通りすがり at 2011年11月30日 14:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック