2010年05月19日

9・11テロの超不都合な真実

・ペンタゴンの周囲5カ所には、最新の地対空ミサイルが

 設置されています・・・これが発射されなかったということは、

 飛来してきた飛行物体は米軍所有の軍用機か、そうでなかったら

 このミサイルの発射装置のスイッチが解除されていた・・・

(p109)

【 9・11テロの超不都合な真実 】菊川 征司、徳間書店






■2001年9月11日に起きた 同時多発テロでは、

 一台の飛行機がペンタゴンに突入した

 ことになっています。



 しかし、ペンタゴンには地対空ミサイルが

 設置されているのに、

 その飛行機は撃墜されませんでした。




■ペンタゴンという機密の多い場所ですので、

 情報が出てこないというのは理解できますが、

 何か納得できないところがあるという点で、

 ワールド・トレード・センターの崩壊と合わせて

不思議な思いが残ります。


■著者の推測、推定を除けば、
 疑問点は次の3点です。

1 ワールド・トレード・センターは
  この程度の被害では崩壊しないはず。
2 7号棟はなぜ倒壊したのか。
3 瓦礫の下から金を乗せたトラックが出てきたのはなぜか。

 特に、飛行機の衝突も火災も発生していない
 7号棟が崩壊したのは、テレビでもやっていましたが、
 普通に考えて、疑問点があります。


・9・11で倒壊したビルは、もう一棟ある。7号棟だ。
 ここは、航空機の激突も火災もなかったのに、
 ペシャンコになった。(p8)



・瓦礫の撤去中、10月30日・・・大型トレーラーが、時価240億円
 (200ミリオンドル)という金の延べ棒を荷台に積んだまま
 5号棟の地下トンネルの瓦礫の下から出てきた(p65)


・当日は朝から、カナダも巻き込んで北米大陸全体を舞台に、
 4つもの大掛かりな空軍の軍事演習が実施されて・・(p124)


・ペンタゴンの建物の屋根には、知られているだけでも
 80台の監視カメラが設置されています・・・
 いっさいの記録が何年も公開されませんでした(p106)



■同時多発テロでは、いくつかの不思議な事象が
 起きているのですが、
 永遠にその謎は解明されないのでしょう。



━━━━━━━━━━━

位置情報1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』より
43,000部まぐまぐID:0000094236

━━━━━━━━━━━

ヤラセなんじゃないの?と思った

自分の直感が当たっていた気がするのは・・・

わたしだけじゃないはず。。



日本人はお花畑にいる人が多いから

「まさか」と思うだろうけど・・・

世界ってそんなに美しいものじゃない。。


posted by まゆ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150387396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック